質問:こどもと一緒に美術館に行くとき、どんなことに気をつけたらいいでしょうか? 親も子も楽しく鑑賞できる方法はありますか。

こどもの「つくる」に関する保護者のお悩みに、楽しい図工のスペシャリスト辻政博(ひつじ先生)がお答えします。

Q:こどもが静かに鑑賞できるか心配です。事前の準備や、興味を引くよい方法があれば、教えていただきたいです。

親子で美術館に行ったら、こどもは館内の作品をほとんど見ないで、野外彫刻の周りを走り回って終わりでした。そもそも、こどもにとって美術館は楽しい場所なのでしょうか? 親が見たい展覧会は、こどもと一緒に行かないほうがよいのでしょうか。

 

A: 親と時間を共有した思い出は、大きくなっても心に残るものです。美術館に行く前と後でも楽しめる方法もあります。

こどもの鑑賞とは

こどもにとっては、身の回りにあるモノやコトのおもしろさを見つけたり、感じたりすることが、鑑賞のはじまりです。どんぐり、まつぼっくり、花や昆虫、貝殻などを集めて、形や色や大きさ、質感などを見比べ、遊びながら鑑賞しています。風が吹いたり、雨が降ったりする自然の現象も、こどもにとっては神秘的な出来事ですね。そういうことを全身で感じ取りながら、感性が育ちます。

 

美術館に行って作品を見ることだけが鑑賞ではありません。まずは日頃の遊びの中に感性や感受性を育む機会がたくさんあります。それが「美術」につながっていくのだと思います。そばにいる大人が、一緒に感じたり、驚いたりしてあげることが大事だと思います。


 

そして、大人は美術館に「作品」を見に行きますが、こどもにとっては、美術館の建物自体、その場所自体が、不思議なものなのですね。入口のモニュメントのおもしろさや、展示室のガランと広い空間、高い天井、静けさ、周辺の環境といった様々な美術館の要素は、すべてこどもにとっては目新しいもので、鑑賞の対象なのです。そういうことを理解して訪れるとよいと思います。

 

大人ができること

美術館に行って、こどもを放っておくと作品は見ません。また、教えすぎても見ないものです。こどもが注目する言葉がけはとても大事ですが、なかなかむずかしいですよね。作品がもっている形や色、おもしろいイメージ、なんでできているかなど、気が付いたことや注目した特徴などを自由に話しながら、探索する気持ちで見たらよいと思います。美術は「正答」があるわけではないので、いろいろ感じたこと自体が他の人と違っていても正しくなります。その辺りを言葉にして話し合いながら楽しむのが、鑑賞のコツかもしれません。

 

それから、僕もこどもが小さい頃、よく展覧会に連れて行きました。こどものためというより、親が好きなものを見るのに一緒について行くような感じでしたね。親が見たい展覧会についてきてもらうような感覚でいいのではないでしょうか。この展覧会のどんなところに注目しているとか、自分の好きな作品を紹介するような感じで話をすると、きっと聞いてくれると思います。


 

僕も昔のことをこどもに聞いたら、親と一緒に美術館に行った記憶は残っていると言っていました。親と親密に時間を共有した思い出は、ずっと心に残るのですね。

 

質問者のお子さんは、彫刻の周りをグルグル回っていたそうですが、それはふざけているのではなくて、ちゃんと鑑賞しているんですね。こどもは、目だけではなく、体全部を使って鑑賞します。おもしろそうだと思ったらちゃんと反応するものですよ。不思議なもので、言葉で理解していなくても、直感的に作品のもつ本質的な造形性には反応します。そういうとき、大人は「おもしろいね」と共感してあげるだけで十分です。

 

美術館に行く前と後の楽しみ方

僕は、展覧会を見終わったあと、はがきを3枚買ってあげていました。何枚もある中から3枚だけ。自分で選ばせると、好きな作品を選んでいましたね。何回か続けていてある程度の枚数がたまったとき、こどもがカードを積んで遊んでいました。「アートカード」(※1)のようなものがない時代でしたが、こどもは勝手に遊びながら学んでいましたよ。

 

小学校で図工の先生をしていた頃は、美術館鑑賞授業の前に、展覧会の作品と同じような造形活動をしました。たとえばジャクソン・ポロック(※2)の作品を見に行く前には、授業でドリッピングを体験してから美術館に行くと、「あれ?」となります。「僕もこれやったよ」と、自分の経験と作品がリンクして興味をもってくれるんです。鑑賞後に何かつくってもおもしろいですね。

 

夏休みは、美術館をはじめ、さまざまな場所でアートに触れる機会がたくさん。「親が好きなものをベースに、いろいろなアートを見にでかけてほしいですね」と、辻先生。

 

お父さんお母さんにお伝えしたいのは、いろんなタイプの展覧会を見に行ってほしいということです。さまざまな作品から多様性を感じ取れるようになるには、小さい頃からの積み重ねが大切になります。そのためには、親自身が鑑賞を通して、多様性を受け入れることも必要ですね。こどもにとってベースになる感性は家庭で育まれるので、親と一緒に体験を共有できる機会をつくってほしいと思います。

 

美術館に行くことで、こどもに「芸術の価値を教え込む」という感じではなく、そこで何か「面白いものをみつける、発見する」という遊び感覚で出かけるとよいと思います。また最近は、美術館でこども向けの鑑賞プログラムを実施しているので、調べて参加してみてはいかがでしょうか。

 


※1:美術館の収蔵作品など、美術作品を用いて美術的な意識でもって編纂された数十枚のカードセット。美術館が制作、貸し出し、販売しているものや、アートカードとして市販されているものもある。主に鑑賞教育に使用される。

※2:ジャクソン・ポロック(1912~1956)。抽象表現主義を代表するアメリカの美術家。キャンバスを床に置いて、液状の顔料を直接滴らせて描く技法「ドリッピング」などを展開。

 

※各コラムでは、情報や内容について細心の注意を払っていますが、すべての方にあてはまるものではありません。 ご自身の判断のもと、あくまでも参考としてご利用ください。

参考書籍
書名:『子どもたちからの贈りもの―レッジョ・エミリアの哲学に基づく保育実践 』
レッジョ・エミリアの哲学に基づく実践の原理や意味を、元園長のカンチェミー先生の語りとともに、園の日常を通して問う一冊。こどもとの美術鑑賞のヒントにもなります。
著者:カンチェミー・ジュンコ、秋田喜代美 編著
出版社:萌文書林
定価:2800円+税
PROFILE
辻 政博先⽣ つじ まさひろ

帝京⼤学教育学部教授。元東京都図画⼯作研究会会⻑。公⽴⼩学校で図⼯専科教員として30年間勤務。⾃分で、感じて、考えて、表現する、楽しい図⼯を目指している。NHK Eテレ「キミなら何つくる?」番組委員(H25〜27)など多くの活動に参加。また『図⼯のきほん⼤図鑑材料・道具から表現⽅法まで』(PHP研究所)など著書多数。ズッコファミリア「ひつじ先生の図工相談室」では、こどもの造形活動に関して保護者が抱える悩みや疑問を⼀緒に考えます。

インタビュー写真/大崎えりや 取材・文/伊部玉紀

top

FOLLOW US

公式SNS