【インタビュー】アートディレクター・田中 元さんが実践する、会話をするように絵を描く・ものをつくる家族間のコミュニケーション

テレビCMや電車の車内ビジョンなどでおなじみの東京ガスのキャラクター「火ぐまのパッチョ」をはじめ、さまざまな企業の宣伝美術やプロモーションを手がける電通のクリエーティブ・ディレクター/アートディレクターの田中 元さん。プライベートでは高校1年の娘さんと中学1年の息子さんがいる二児の父であり、ハンドメイド雑貨店を営む奥さまと共に、日常生活の一部として家族間で絵を描く、ものをつくるといったコミュニケーションを図っているといいます。今回は長男のおうくんと過ごす休日のご自宅を訪ね、お話を伺いました。

こどもの頃からずっと変わらない、絵を描く楽しさ

 

——田中さんがアートディレクターを目指した経緯を教えていただけますか?

 

アートディレクターという仕事に興味を持ったのは美大に入ってから。それまではアーティストになりたいと思っていたんです。高校の時、美術の先生に芸大や美大があるということを教えてもらって、将来は絵やデザインを生業(なりわい)にするぞ!と、考えていたんです。アーティストの日比野克彦さんに憧れていたこともあり、同じ大学に行きたいと受験したのですが、第一志望には受からず、入ったのは空間演出デザイン学科。“絵ならいける!”と思っていたので、美大生時代はずっと劣等感を持っていましたね。

 

そんな頃、美術系の予備校で講師のバイトをしていたのですが、そこで手にした『ADC年鑑』(※1)でアートディレクターという存在を知ったんです。めちゃくちゃかっこいい広告がたくさん載っていて、こんな世界があるのかと。アーティストのように、個展に人を呼んで作品を見せるんじゃなくて、むしろ広告は、通りすがりに勝手に見せる、電車の中で作品を発表するようなもの。これはいいなと思い、そこからは独学です。いろんなデザイン書をひたすら見て、“キャッチコピーはこうやって入れるとかっこいいな”とか勉強していました。それで、運よく今の会社に入れたという流れです。

 

——独学で!?すごいですね。高校生の時からアーティストを目指していたということは、こどもの頃から絵を描くのが得意だったんですか?

 

そう、絵しか楽しみがなかった。小学生の頃は漫画ばっかり描いていました。あとはプラモデルをひたすらつくっていたという(笑)。中学、高校生になっても習いごとよりそっちに夢中だったので、母が見かねたんでしょうね。高校の入学式当日に、さっき話した美術の先生に「うちの息子は美術しか興味がないからお願いします」と頼みに行ったんです。


 

——素敵なお母さまですね!

 

母も絵を描いたり洋服をつくったりするのが好きな人です。今でも覚えているのが、僕が幼稚園くらいの時、母が無地の大判布を持ってきて、僕と姉にマジックで好きなように絵を描けと言うんです。それをテーブルクロスにするからと。真ん中には母が描いたバラの絵があしらわれていて、そのまわりにガーッと落書きして。あれは斬新でこどもながらに結構感動しました。

 

絵を介したリアクションが仕事に繋がっている

——そういったこどもの頃に体験した絵を描く楽しさが、今の仕事にも繋がっているのでしょうか?

 

あると思います。絵を描くこと自体はもちろん、学校の図工・美術の時間に自分の絵や作品に対して同級生たちから「上手い」「すごい」と褒められるのが気持ちよかった。今思うと漫画やプラモづくりもまわりのリアクションが得られるのが楽しかったんでしょうね。それは今の仕事も同じ。美しい絵も無反応なら広告として成り立たないので。


 

——リアクションといえば、やはり田中さんが手がけた東京ガスの「火ぐまのパッチョ」シリーズは、かなり世間からの反応が大きいと思うのですが、このキャラクターが生まれた経緯を教えていただけますか?


 

10年ほど前、「ガスでパッと明るくチョッといい未来(=ガスパッチョ)」というキャッチコピーで始まったキャンペーンで生まれました。会議の時、頼まれてもいないのに、ヒグマのキャラクターでパッチョっていう名前はどうかな~って、僕がメモ程度に描いていたんです。ヒグマの「火」が漢字で、体は青いガスの炎の色、顔に「火」って描いてあったらおもしろいなと思って。それで当時メインで起用した俳優の肩にパッチョをのせた案をプレゼンしたら、好きにしていいよと採用されて(笑)。そうしたらグッズをはじめ、販促ツールとして使い勝手がよくて。ちなみにパッチョの絵は全部僕の手書きで、大まかなストーリー展開も考えています。ポーズやディテールはこどもが赤ちゃんの時の姿からヒントを得て描いたものもあります。

 

——「火ぐまのパッチョ」以外にも、これまでさまざまなキャラクターデザインを手がけられているそうですね。

 

長年続いているものでいうと、「角川文庫」の鼻が!マークになった「ハッケンくん」という黒い犬とか、電通でやっている「広告小学校」の顔にCMって書いた「コマ犬くん」などのキャラクターがいます。「コマ犬くん」は眉毛が逆さ眉毛なんですが、それは息子がモデル。本人にも了承済み。ね?(うん、とうなずくおうくん)


 

あとは、妻がやっている雑貨店のキャラクターに、お酒を飲んで泣いている「がっくりパンダ」というのがいて、それも僕が考えて描いています。Tシャツになっているんですが、大人気でよく売れるんですよ~。昨日も追加分を描いていました。

 

仕事の案件が来ると、すぐキャラクターを思いついちゃうんですよ。難しい案件をキャラクターひとつで「そんなことやっていいんだ」って変えられたらおもしろいじゃないですか。やっぱりリアクションですよね。

 

——キャラクターデザインをはじめ、田中さんが手がけた仕事を見てお子さんからはどんな反応がありますか?

 

ふだんテレビや街中で自分が手がけた広告を見たからといって、「これはお父さんがつくったんだよ」とかいちいち言わないので、正直どこまで把握しているのかわかりません。でも家でそのへんの紙に僕がアイディアを走り書きしたメモやスケッチを自然に目にしているので、「あの考えがこれになったんだね」とか言われると、嬉しいですね。アートディレクターという仕事もなんとなくわかってきたんじゃないですかね。


 


※1:ポスター、TVCM、新聞・雑誌広告、ブック&エディトリアル、パッケージ、Cl、ロゴ、環境空間など、あらゆる広告やデザインの秀作が収められた年刊の刊行物。

  1. 1
  2. 2
田中 元 たなか げん
電通クリエーティブ・ディレクター/アートディレクター

主な仕事に、東京ガス「火ぐまのパッチョ」、角川文庫「発見!角川文庫」、三井不動産グループ「三井でみつけて」、野村ホールディングス「日経STOCKリーグ」、世界水泳「2021福岡大会」、貞子3D「貞子増殖 渋谷イベント」、NPO富士山を世界遺産にプロジェクト、電通社会貢献活動 「広告小学校」他。主な賞暦に、ADC賞、朝日広告賞グランプリ、カンヌ メディアライオン、クリオ賞、NYフェスティバル、ロンドン国際広告賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、メセナアワード優秀賞、毎日広告賞、読売広告大賞、日経広告賞、ACC賞、JR交通広告グランプリ他。

写真/豊島 望 インタビュー・文/木下美和

top

FOLLOW US

公式SNS