「おべんとう」にまつわるユニークな展覧会「BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン」

7月21日(土)〜10月8日(月・祝)に、上野・東京都美術館で「BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン」が開催されます。遠足からお昼ごはんまで、こどもも大人も慣れ親しんできた「おべんとう」をコミュニケーション・デザインの視点から紐解き、その魅力に迫ります!

お腹を満たすだけではない「おべんとう」の魅力とは?

年齢や性別にかかわらず、私たちの生活に深く根付いている「おべんとう」。行楽弁当など誰かと一緒に食べる共食(きょうしょく)のおべんとうは、地域の共同体を維持しそのつながりを深めるソーシャル・ツールとして、日本古来、農耕社会のハレの場などにおいても重要な役割を果たしてきました。現代でも、ただ、おかずやおにぎりが箱の中に丁度よく詰められているだけでも魅力的なのに、絵やメッセージを描いてみたり、こだわりの駅弁を探し求めたり、つくる人も食べる人も、おべんとうをめぐってさまざまな思いを抱いているのではないでしょうか。


《あゆみ食堂のお弁当》2017年 料理:大塩あゆ美、写真:平野太呂

 

7月21日(土)から東京都美術館でスタートする「BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン」は、そんな日本独自の食文化であるおべんとうをコミュニケーション・デザインの視点から捉える展覧会です。

展覧会のみどころ

阿部了《ひるけ》2018年

 

展覧会は、来場者をお弁当の世界へ誘う発酵デザイナー・小倉ヒラクによるアニメーション作品でスタート。そこから、NHKのテレビ番組「サラメシ」でお弁当ハンターとして出演している写真家・阿部了の作品や、料理家・大塩あゆ美と写真家・平野太呂によるプロジェクト《あゆみ食堂のお弁当》などを紹介。おべんとうが生み出すコミュニケーションに迫ります。


小山田徹 《お父ちゃん弁当》2017 年

 

さらに、来場者自身がおべんとうの魅力を再発見できるよう、見る・聞く・触れることができる参加体験型コンテンツも豊富。食べることをデザインするイーティング・デザイナーのマライエ・フォーゲルサングによる作品では、触ることや見ることができないおべんとうの側面に来場者を誘います。ほかにも、美術館の中に「おすそわけ」マインドを考える《おすそわけ横丁》が出現するという楽しい企画も。ユニークなデザインが施されたお弁当箱をはじめ、目的に合わせてデザインされたプロダクトとしてのお弁当箱にも注目です。


マライエ・フォーゲルサング《intangible bento》イメージスケッチ

関連プログラムも充実

8月20日(月)はこどもたちのために特別にオープンする「キッズデー」です。こどもがリラックスして美術館が楽しめるよう特別プログラムが予定されています。

 

出品作家によるトークセッションやワークショップなど、関連プログラムもあるので、興味のある方は特設WEBサイトで確認してくださいね。

 

おべんとうを切り口にしたユニークな展覧会は、大人にとっては毎日のおべんとうづくりの参考になったり、こどもにとっては自由研究のテーマになったり。コミュニケーションとしてのおべんとうを親子で味わってみてはいかがでしょうか?

INFORMATION

「BENTO おべんとう展-食べる・集う・つながるデザイン」

会期:2018年7月21日(土)〜10月8日(月・祝)

会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C

住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36

開室時間:9:30〜17:30 ※入室は閉室の30分前まで

夜間開室:金曜日は20:00まで ※7月27日(金)、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)はサマーナイトミュージアムにより21:00まで

 

休室日:月曜日、9月18日(火)、25日(火) ※8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室

 

観覧料:高校生以下無料/大学生・専門学校生400円/一般800円/65歳以上500円

※「都民の日」:10月1日(月)はどなたでも無料

※「家族ふれあいの日」:7月21日(土)、22日(日)、8月18日(土)、19日(日)、9月15日(土)、16日(日)は、18歳未満の子を同伴する保護者(都内在住、2名まで)は、当日一般料金の半額 ※証明できるものが必要

※「シルバーデー」:8月15日(水)、9月19日(水)は65歳以上の方は無料。当日は混雑が予想されます。(証明できるものをお持ちください)

 

詳細:BENTO おべんとう展」特設WEBサイト

文/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS