貴重な原画と資料がイギリスから初上陸! 「クマのプーさん展」が東京・渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで2月9日スタート。4月には大阪に巡回。

世界で最も人気のある児童文学のひとつ『クマのプーさん』。その魅力に迫る「クマのプーさん展」が2月9日〜4月14日まで東京・渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されます。その後、大阪に巡回し、4月27日〜6月30日まであべのハルカス美術館で開催されます。イギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)が所蔵する貴重な原画や資料などを中心にして企画された初めての「クマのプーさん展」。親子で訪れて機知とユーモアあふれる物語の世界を体験してみませんか?

名場面を描いた原画から、物語の誕生秘話まで。クマのプーさんの世界を親子で鑑賞しよう! 

 

食いしん坊でおっちょこちょい、いまでは誰もが知る世界一有名なクマ「プーさん」。ディズニーアニメで慣れ親しんでいるご家庭も多いのではないでしょうか。原作『クマのプーさん』は、1926年に物語を書いたA.A.ミルンと、挿絵を描いたE.H.シェパードによって誕生しました。そして現在は、50以上の言語に翻訳され、全世界で5,000万部以上のシリーズ本が出版されています。

 

左/A.A.ミルン、クリストファー・ロビン・ミルンおよびプー・ベア、ハワード・コスター撮影、1926 © National Portrait Gallery, London.

右/E.H.シェパード、 ハワード・コスター撮影、1932年、ノラ・シェパード夫人より寄贈 © National Portrait Gallery, London.

 

そんな世界中の人々に愛される本作品の魅力を詰め込んだ展覧会「クマのプーさん展」が、29日から東京・渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで始まります。シェパードが描いた原画を世界最大規模で所蔵するイギリスのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)の貴重なコレクションを中心に企画された本展で、「クマのプーさん」がどのように生まれ、愛されてきたのかを紐解きます。


左/「グングン、くつをひっぱったので……」、『クマのプーさん』第8章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust 右/「バタン・バタン、バタン・バタン、頭を階段にぶつけながら、クマくんが二階からおりてきます」、『クマのプーさん』第1章、E.H.シェパード、鉛筆画、1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust

 

展示では、鉛筆やペンで物語の名場面が繊細に描かれたシェパード直筆の原画や制作資料、写真や手紙など、作品の原点となる200点以上のコレクションが揃います。なかでも、ロンドン郊外に実在する「アッシュダウンの森」をもとにつくられた物語の舞台「百町森」の地図は必見。こどもも大人も創造力が刺激されて、クリストファー・ロビンやプーたちが暮らす魔法の森を冒険する気分が味わえそうです。

 

百町森の地図、『クマのプーさん』見返し用のスケッチ、E.H.シェパード、鉛筆画、 1926年、V&A所蔵 © The Shepard Trust. Image courtesy of the Victoria and Albert Museum, London

 

また、ぬいぐるみはもちろん、ティーセットから料理本まで、世界中でつくられたさまざまなグッズの展示も見応えたっぷり。V&Aが企画制作した本展だけの特別グッズの販売もあります。東京会場の会期は414日(日)まで。その後、427日(土)からは大阪会場に巡回します。

すぐれた児童文学でもあり、アートでもある「クマのプーさん」。ぜひ、親子のアート鑑賞に選んでみてはいかがでしょうか。


TOP絵/「枝には、ハチミツのつぼが10ならんでいて、そのまんなかに、プーが…」、『クマのプーさん』第9章、E.H.シェパード、ラインブロックプリント・手彩色、1970年 英国エグモント社所蔵 © E.H. Shepard colouring 1970 and 1973 © Ernest H. Shepard and Egmont UK Limited

INFORMATION

クマのプーさん展

公式サイト:https://wp2019.jp/

■東京会場

会期:201929日(土)〜414日(日)

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム

住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-24-1

開館時間:10:0018:00、毎週金・土は10:0021:00 ※入館は各閉館時間の30分前まで

休館日:219日(火)、312日(火)

入館料:未就学児無料/小・中学生600円/高校・大学生900円/一般1,500円/親子券1,600円(一般1+中・小1人のセット券、一緒に入館) ※団体料金有り

 

■大阪会場

会期:2019427日(土)〜630日(日)

会場:あべのハルカス美術館

住所:〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16

開館時間:火〜金10:0020:00、月土日祝10:0018:00 ※入館は各閉館時間の30分前まで

休館日:513日、20日、27日の各月曜日

入館料:小・中学生500円/高校・大学生1,100円/一般1,500円 ※団体料金有り

文/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS