手紙社がこどものためのイベントを開催! 工作ワークショップ、絵本、音楽、マーケットを体験する2日間 at 浅草・産業貿易センター

4月27日(土)・28日(日)の2日間にわたって、手紙社によるこどものためのイベント「こどもの日」が開催されます。「こどもたちのキラキラ輝く瞳が見たい!」という思いから、第一線で活躍するクリエイターや作家、ミュージシャンたちが集合。ワークショップ、絵本作家との交流会、ライブパフォーマンスなど、スペシャルなお楽しみでこどもたちを迎えてくれます。GWのはじまりに、親子でおでかけしてみてはいかがでしょうか?

わくわくがぎゅっと詰まった、こどものためのイベント

 「東京蚤の市」「もみじ市」「紙博」など、さまざまなイベントを手がけてきた手紙社が、こどものためのイベント「こどもの日」をプロデュース。浅草にある東京都立産業貿易センター・台東館で開催されます。

 

会場には、「こうさくのまち」「えほんの森」「こどもマーケット」「くらやみの館」「うたとことばの広場」の5エリアが出現! こどもたちが思いっきりつくったり、出会ったり、味わったりできる、多彩なコンテンツが繰り広げられます。

こうさくのまち

第一線で活躍する作り手たちと一緒に、紙や木材などの素材を使って、手を動かしながらものづくりに挑戦するワークショップエリア。当サイトFEATURE こども&】で登場してくれたザリガニワークスの武笠太郎さんたちによるワークショップ「創作昆虫ムシボット」も開催されます。「紙育」をテーマにしたムック本『ぺぱぷんたす』(小学館)のブースでは、アートディレクター&ブックデザイナーの祖父江慎さんが扮する、かみのかみさま・ソビーの登場も?!

 

えほんの森

絵本を生み出す作り手たちと触れ合うことができます。作家自身による読み聞かせ、絵本づくりワークショップなどを通して、絵本の新しい楽しみ方が発見できそうです。ずっと大切にしたい新たな絵本だって見つかります。

 

こどもマーケット

木のおもちゃ、ユニークな帽子、小さな革靴、ぬくもり溢れる雑貨や、味わい深い天然酵母パン、かわいいアイシングクッキーなどなど。丁寧につくられたものやおいしいものが並ぶエリア。こどもはもちろん、大人だってほしくなってしまいそうです。

 

くらやみの館

薄暗いテントの中に、影と光が織りなす世界が現れます。アニメーション作家・つぼいたけしさんのゾートロープや、シルエットブックスによる影を楽しむポップアップカードづくりは、こどもたちを不思議な世界へと誘ってくれます。

 

うたとことばの広場

アーティストたちと一緒に歌って、踊るエリア。英語の歌、古楽器の演奏会、人形劇、絵本×音楽パフォーマンス、パントマイムといったカラフルな音色に、思わず心と体が動き出してしまいそうです!

 

 

手紙社がいま、こどもに体験して欲しい“とっておき”を集めたイベント「こどもの日」。ここで体験する数々の出来事は、こどもたちにとって未来の創造へつながる大きな刺激となるはず。またとないこの機会をお見逃しなく!

 

なお、ワークショップの中には、事前に受付が始まっているものもあるので、気になるかたは公式サイトをチェックしてくださいね。

INFORMATION

手紙社の「こどもの日」

開催日:2019427日(土)、28日(日)

会場:東京都立産業貿易センター 台東館 7F 展示室

住所:〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5

時間:10:0017:00

入場料:500円 ※1歳以下無料

詳細:手紙社の「こどもの日」公式サイト

文/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS