磁石で動く物語をつくろう! 2.5次元のゲームボックス

磁力を利用したゲームを手づくりしてみませんか? つくるのは、ゲームボードと磁石で動くコマ。ボードを箱にセットして遊びます。箱の中にどんなゲームの世界ができあがるか、親子で会話を楽しみながらつくりましょう。平面と立体が混ざりあった世界に、出発しよう!

材料と道具

・ 色画用紙(無ければ画用紙で可)

・ 画用紙

・ マーカー

・ 磁石

・ クリップ

・ コルク(磁石を持ちやすくするために使用。無くてもOK。)

・ はさみ

・ 接着剤

・ グルーガンor金属に使用できる接着剤

・ 空き箱(ここでは25㎝×25㎝の大きさのお菓子の空き箱を使用しました。)

1. コマを動かす舞台をつくろう

 

箱の中に入れる、ゲームの舞台となるボード部分をつくります。 「どんな世界を冒険したい? 」「どんなゲームだと面白いかな?」と、こどもと会話を楽しみながらイメージをふくらませてあげましょう。ボードの色を色画用紙から選び、空き箱に収まるサイズにはさみで切ります。カットしたボードの上に、川や山、木などを色画用紙で切り貼りしてデコレーションし、ゲームの世界をつくりましょう。色画用紙がなければ、白い画用紙を使います。 木をつくるなら、まず細長く切った色画用紙を半分に折ります。さらに、自立させるため下部分を折り、枝や葉を接着剤で貼ったら、立つ木の完成です。立体をつくるのが難しいこどもの場合、ベースとなる色画用紙に絵を描いてみてください。箱の深さに合わせて紙を切ったり、丸めたりして木や岩などをつくると、収納する際に便利です。

ズッコポイント:ボードになる紙を箱に合わせて切る際は、大人が箱のサイズに合うようにガイドの線を鉛筆で描くなどしてサポートしてあげましょう。

 

2. コマをつくります 

 

色画用紙や画用紙でゲームの世界を動くコマをつくります。コマは妖精、動物、勇者など、好きなものをつくってね。コマの脚部分は長めに残します。この部分を折ってクリップを挟み、自立させます。

 

3. 磁石をコルクに貼ります

 

こどもが磁石を持ち磁石を、コルクに貼ります。こうすることで、こどもが持ちやすく、コマを操作しやすくなります。グルーガンを使う場合、火傷の恐れがあるので、大人が貼ってあげましょう。

4. 空き箱にベースとコマをセットして完成!

できあがったゲームのボード部分を箱の中にセットして完成です。箱の下から磁石をあてて、コマを動かして遊びます。遊び終わったら、コマと磁石を箱に入れてしまえるので、コマや磁石を無くす心配もありません。

ズッコポイント:コマを動かしながらこどもと物語を共作したり、こどものつくったゲームと大人がつくったゲームを交換したり、箱の中では思い思いに遊んでみてください。また、スタートとゴールの位置を決めて、どっちが早いか親子でタイムアタックに挑戦してもおもしろいですよ。

 

今回使用した色画用紙「カラードフォルム」はオンラインショップ・アートロコにて取り扱っています。

 

 

ズッコファミリア公式Instagram では、WEBサイトの記事をはじめ、つくったモノなどを紹介しています。チェックしてくださいね。

 

文・写真/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS