【やってみよう】こどもの作品を上手に残す整理術! ざっくり収納とディスプレイでストレスフリーのお片付け。

こどもが成長するにつれて増える、お絵かきや工作。思い出深くて捨てるのはもったいない...と思ってしまいがちですが、すべてを飾っておくのも、とっておくのも大変。でも放っておくと家中に散乱してしまうことも。そこで、 ズッコファミリア編集メンバーの家で実践しているこどもの作品の保管方法と、ディスプレイのアイデアをご紹介します。

1. 増え続ける作品は「ざっくり収納」がおすすめ

図工が大好きなこどもがいる編集メンバーの家では、毎日のようにこどもの作品が増えています。大きな画用紙に描いた絵や、はさみを使った立体工作など、こどもがつくるものは形や大きさもバラバラ。きちんと分類して片付けたい! と、思っていてもなかなか時間が取れず、気づけば家のあちこちに放置されていることも…。そんな増え続けるこどもの作品には「ざっくり収納」ですっきりストレスフリーに。ざっくり収納は以前、[ズッコうさく]おうちに図工室をつくろうでもご紹介した方法です。棚の低い位置など、こどもがしまいやすい場所に箱を用意するだけ! 完成した作品をはじめ、つくりかけのものも気軽にここにためていきましょう。おうち図工室のスペースをつくっているなら、さくひんいれとして「ざっくり収納箱」を設置します。ちいさなこどもでもしまいやすく、親にとっても管理が楽なので、すっきりと片付きます。

 

2. お絵かき作品は市販のファイルを活用して「きちんと保管」

「ざっくり収納箱」がいっぱいになったら、いっぱいになったタイミングでこどもと一緒に整理して「きちんと保管」しましょう! 立体作品と平面作品にわけて整理するのがポイントです。

立体作品の整理術

「きちんと保管」する立体作品は、1年に1〜3個に絞ってみましょう。とっておくと決めた作品は、別の箱にしまい、成長の記録として保管します。大きな立体物は、制作過程と作品をスマートフォンやデジカメで撮影し1冊のミニアルバムにまとめてみるのもアイディア。まるで作品集のようになるので、こどもも喜びます。

平面作品の整理術

 

お絵かき作品や平面工作は、市販のファイルなどを活用して保管します。大きな画用紙も入るクリアファイルやスクラップブックに作品を入れるだけでもいいですが、描いた日付やその時の様子を記したメモを一緒に入れると、こどもの成長記録にもなります。メモに記された出来事を見返すのも楽しいですよ。また、絵は立体作品よりも早いペースで増えるので、収納スペースが少ない場合は、作品ファイルは年に1冊と決めておくとよいでしょう。毎日絵を描くのが好き! というこどもがいる家庭では、立体作品で紹介したミニアルバムを活用して、絵を残しておくのも良いですよ。1年に1冊の作品集なら、スペースを取らないので、限られたスペースでも実践できます。

3. しまうだけではもったいない! 飾ってみるのにもチャレンジしてみよう

せっかくなので、しまうだけではなく飾って楽しみましょう。まずは、こども部屋やリビングなど、こどもの目のとまる部屋にこどもの作品を飾るスペースをつくります。作品の特等席が決まっていると、できたてほやほやの作品をこどもが自分で飾ることも、自分の好みで選んで飾ることもできるようになります。こどもの自立心を育てるのにも一役買ってくれます。こどもが創作する位置から見える場所に飾るスペースをつくると、創作しながら自分の過去の作品が良く見えるうえ、なんだか美術館みたい! と、こどもが喜んでくれます。飾り終わったら、「ざっくり収納箱」や「きちんと保管」の箱・ファイルなどへ移動します。

 

 

また、お絵かき作品は、額に入れるという手もありますが、入れ替えが面倒なことも。大きな紙用クリップに挟んで壁にかけて飾ると、作品の入れ替えもらくちんなうえ、日替わりで作品を入れ替えることもできます。

ズッコポイント:小さな作品の連作などは、額に入れて永久保存版にして飾り、インテリアにするのも一つの方法です。永久保存版の作品が飾ってあると、成長が感じられるうえ、こどもが「このときにはつくれなかったけど、今はこんなのつくれるよ!」と違うものをつくりだすことも。自信にもつながります。

 

こどもの作品は、どれだけあっても愛おしいもの。「ざっくり収納箱」を用意することで、日頃から『どうしよう?』と悩む必要がなくなります。いちどしまうことで、こどもも大人もクールダウンするので、整理するときに残しておくものが選びやすくなるのもポイントです。とっておきの1作品を選ぶ「最優秀〇〇賞」なんていうコンテストごっこで整理することも楽しんで。こどもの作品を収納することと飾ること、どちらも気軽にトライしてみてくださいね。

文・写真/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS