【つくってみよう】はさみで切れるシート状ミラーでこども専用の鏡をつくって、こどもの自主性を育くもう!

こどもがぐんと成長する春に向けて、こども専用鏡をつくってみませんか? はさみで切れるシート状ミラーとダンボールでつくる鏡は、こどもの好きな形にできるうえ、軽くて安全! 自分でつくった専用鏡なら、身だしなみも楽しく自発的にできるようになります。さらにこどもの自主性も育まれるのでおすすめです。

材料と道具

・シート状ミラー『BSS万華鏡用ミラー A4サイズ』
・ダンボール 2枚(こどもがはさみで切れる薄いもの)
 A4より大きなサイズ
・鉛筆、消しゴム
・はさみ
・接着剤
・カッターマット
・カッター
・アクリル絵の具
・ひも 約30㎝
・デコレーション用ビーズなど

あると便利なもの
・油性ペン(写真にはありません)

1.鏡を好みの形に切り抜こう

シート状のミラーを好きな形に切り抜きます。シートの表面には保護シートが貼ってあるので、油性ペンで形を下書きしておくと失敗がなく安心です。切り抜いたシート状のミラーは、ダンボールに接着剤で貼り、周りにはみ出たダンボールを切り取ります。最後に保護シートをはがします。
ズッコポイント:はさみで切り抜くには力が必要になるので、小さなこどもの場合は大人が切り抜いてください。

2.ダンボールにパーツを下描きしよう

1でつくった鏡をもう1枚のダンボールの上に置き、鉛筆で縁をなぞります。写した鏡の大きさを目安にして、鏡にデコレーションするパーツを描きます。
ズッコポイント:鉛筆で強く描くと、ダンボールが凹んだり、穴が開いてしまいます。また、ダンボールが凹んでしまうと、間違えたときに消しゴムで消すのが大変。大人が最初にお手本で薄く線を描いてみたり、先端を丸くした鉛筆を用意したりして、こどもをサポートしてあげましょう。

3.デコレーションパーツを切り抜こう

デザインに沿って、ダンボールをはさみで切り抜きます。細かい部分を力まかせに切ると、ダンボールが折れたりちぎれたりするので、丁寧に切り抜きましょう。また難しいときは、大人がカッターで助けてあげましょう。

4.デコレーションするパーツを好きな色で塗ろう

ダンボールを切り抜いたら、絵の具を塗ります。今回使ったのはゴールド1色ですが、好みに合わせて複数の色を使ってもOK! 絵の具が乾いたら、ダンボールが反らないように、図鑑など重いものを乗せて一晩おきます。ダンボールが反ってしまったら、裏面にも絵の具を塗ると、平らに戻ります。ダンボールの反りは、鏡に貼った後に鏡がゆがむ原因になるので注意して。

5.鏡にパーツを貼ったら完成!

4のパーツをビーズなどでデコレーションし、接着剤で鏡に貼りつけます。このとき、鏡を触って指紋がつかないよう慎重に。デコレーションパーツを貼りつけたら、裏面に壁に吊るための紐をつけて鏡の完成です! 吊りひもの固定には余ったダンボールを利用しました。

ダンボールを使用するほか、ミラー状シートを切り抜いただけでも素敵な鏡がつくれます。
こどもは鏡が大好き! 自分だけの鏡をつくったら、身だしなみを整えたくなるうえ、魔法の鏡ごっこなど、新しい遊びを創造するかもしれません。ぜひ、親子でつくってみてくださいね。

 

 

今回使用した『BSS万華鏡用ミラー A4サイズ』はオンラインショップ・アートロコにて取り扱っています。下記ボタンより各ショップの商品ページからご購入いただけます。

 

文・写真/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS