【つかってみよう】「デコデコLEDライト」でつくろう! 冬の夜を彩るランプシェード

工作用LEDライト『デコデコLEDライト』を使って、冬のホリデーシーズンを彩るランプを簡単3ステップでつくってみませんか? ランプシェードは、クレヨンと水彩絵の具で描くはじき絵でつくります。さまざまな色に輝くLEDライトをセットすれば、絵が幻想的に浮かび上がるのでこどもも喜びますよ。

材料と道具

・『デコデコLEDライト』
・乾電池(単四)3本 ※『デコデコLEDライト』に使います
・画用紙 B4または八つ切り
・クレヨン
・水彩絵の具
・筆
・ホチキス

あると便利なもの
・パレット
・筆洗バケツ

1.画用紙に絵を描こう

クレヨンで画用紙に絵を描きます。メインとなるモチーフは、画用紙の中心にくるように描くとランプにしたときにきれいに見えます。ここでは白のクレヨンでクリスマスツリーを描きました。モチーフはできるだけクレヨンで塗りつぶすと、次のステップがきれいに仕上がります。

ズッコポイント:描くモチーフは季節に合わせてみてはいかがでしょうか? 冬なら雪や、クリスマスをイメージするモミの木など、親子で考えるとランプシェードをつくった時の思い出が深まります。

2.水彩絵の具ではじき絵に挑戦!

1で描いた絵の上に水彩絵の具を塗り重ねます。クレヨンの油分が水彩絵の具をはじいて、モチーフがぱっと浮かび上がります。当サイトZUKKOPEDIA「ずこうクレヨン」では、動画で「はじき絵」のやり方を紹介しているので、併せてご覧ください。

ズッコポイント:絵の具が濃いままで塗ると、ランプをつけたときに光が透過せず、描いたモチーフが見えにくくなってしまいます。「絵の具は水で溶いて薄くして塗るよ」とこどもに声をかけ、大人が絵の具の濃度を調整してあげましょう。

3.画用紙をくるっと丸めてランプシェードにしたら完成!

絵が乾いたら、画用紙をくるっと丸めて上下をホチキスで留めます。ホチキスは、こどもだけで使わせず、大人が留めてあげましょう。丸めた画用紙をランプシェードとして工作用LED『デコデコLEDライト』にかぶせたら完成です。LEDライトは7つの色を変化させたり、好きな色で固定できたりするので、気分に合わせて変えてみてね。


 

画用紙でつくったランプシェードは簡単に交換できるので、季節ごとにモチーフを描いたり、こどもの好きな物語を描いたり、いろいろなランプシェードをつくってみてくださいね。

 

今回使用した『デコデコLEDライト』はオンラインショップ・アートロコにて取り扱っています。下記ボタンより各ショップの商品ページからご購入いただけます。

文・写真/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS