【つかってみよう】アイロン接着シート『サンラバー』でつくる簡単おしゃれな巾着袋。入園入学準備にぴったり!!

4月の入園・入学を前に、そろそろ準備をはじめるタイミング。体操着入れ、上履き入れ、コップ入れなどの袋ものは、市販の巾着袋にちょっとした手づくり要素をプラスして簡単賢くオリジナルに変身させたいもの。そこでおすすめなのがアイロン接着シート『サンラバー』。こどもの好きな形やモチーフをはさみでカットして、アイロンをかけるだけで、まるで印刷したみたいなラバープリントの仕上がりに。市販の袋があっというまにオリジナルに変身! お気に入りのモチーフなら、お友だちのものと見分けられるうえ、毎日の登園・登校が楽しくなります。

材料と道具

・アイロン接着シート『サンラバー』(全6色) ※使用前に、付属の説明書をよく読んでください。
・はさみ
・鉛筆
・紙(下書き用)
・巾着袋など(コットン100%のもの)

・アイロン

・アイロン台(写真には写っていません)

 

1.  アイロン接着シート『サンラバー』にプリントするモチーフを転写しよう

紙に、プリントするモチーフを下書きし、その裏を鉛筆で塗りつぶします。『サンラバー』のざらついた面の上に下書きを重ねて、モチーフの線をなぞって転写します。下書きのモチーフは、左右が反転するため、デザインする際は向きに注意して。
ズッコポイント:プリントのモチーフは、こどもの好きな形や生きものなどに、上履きや体操着といった中に入れるものを組み合わせてデザインしてみて。こどもが使うときに分かりやすくなります。また、絵が苦手な人は、切り紙のように、こどもが自由にチョキチョキ切った『サンラバー』を配置するだけでもかわいくできます。

2.  転写したモチーフを切り抜き、アイロンで定着させます

 

転写したモチーフをはさみで切り抜き、ツルツルした面を上にして、巾着袋に配置します。モチーフの上から、中~高温に温めたアイロンを15秒程度押しつけ、定着させます。
ズッコポイント:使用する袋にはコットン100%を選んでください。取っ手つきの巾着袋なら、フックにかけやすいのでおすすめです。

3.  アイロンの熱が冷めたらフィルムを剥がします

 

アイロンで貼りつけた『サンラバー』の熱がとれたら、二重になっている透明フィルムを剥がします。フィルムと一緒にモチーフが剥がれてしまう場合は、フィルムの上から再度アイロンをかけて定着させてください。

 

 

モチーフを重ねてプリントする場合は、下になる部分を先にアイロンで定着させます。アイロンの熱が冷めたら、プリントを重ねる部分のみフィルムを剥がして、そこに別モチーフを置きます。次に、剥がしたフィルムを再度戻して、もう一度アイロンをかけて定着させます。

 

 

重ねた部分は凹凸がでるため、重ねるのは小さなパーツにしておくと良いでしょう。

4.  付属シリコーン紙の上からアイロンをかけて完成!

 

定着させたモチーフのフィルムをすべて剥がします。付属のシリコーン紙を、モチーフを覆うように置き、アイロンをかけて仕上げます。まるで、機械で印刷したみたいなツヤツヤの質感になりますよ。

 

 

保育園、幼稚園、小学校で、何かと出番の多い袋もの。いちから手づくりするのは大変ですが、アイロン接着シート『サンラバー』を賢く使えば、たちまちオリジナルに仕上がります。ぜひお試しください。

今回使用した『サンラバー』『コットンエコ巾着』はオンラインショップ・楽天市場「アートロコ」で購入できます。

※画像クリックでオンラインショップ・楽天市場「アートロコ」へ。

 

文・写真/ズッコファミリア編集部

top

FOLLOW US

公式SNS